徳永食品株式会社

0120-25-0613 受付時間 8:30~16:45(水曜/日曜定休)

製造工程のご紹介

安全でおいしい食品を大量に作るための設備をご紹介致します。要点は必ず人の目と手で確認し作り上げます。

1.釜

内臓、肉類の原材料を規格に合わせた食感に仕上げます。 主な使用原料は、豚内臓、牛内臓、牛すじ、豚バラ肉。商品の要となる、重要な下加工を行う役割を担っています。


圧力をかけて
やわらか食感にする事も可能です

とろとろ食感の
チャーシューなど仕上がります。

2.モツスライサー

モツスライサー

ホルモンを加熱した後、食べやすいサイズにカットします。また、異物が付着していた場合取り除くために照明を明るくし、検品作業を行います。

3.コンピュータスケール

コンピュータスケール

加熱した製品を自動計量、手動計量にて包装します。30g程度の小包装から1Kgの業務用サイズまで幅広く大量に包装する事が可能です。包装後は金属検査、重量検査をおこないます。

4.餃子整形機

餃子整形機

1個約18gの餃子を製造します。皮も自家製造しているため、あらゆる種類の餃子を受託製造する事が可能です。1時間あたり約6,000個の餃子を製造できます。

5.真空タンブラー

真空タンブラー

お肉により味をしみ込ませるためのタンブリング機です。この工程を施す事により、深みのある味わい、やわらか食感が実現できます。

6.ロースター

写真の説明

味付けされたお肉をじっくりと焼き上げます。 直火独特の風味を逃がさず加工します。

7.二次殺菌機

写真の説明

加熱処理した製品に関して、包装された後、速やかに二次殺菌処理することにより、品質を保ちます。

8.箱詰機

商品を速やかに梱包し表示ラベルを貼り付け出荷します。誤送のないようラベル管理を徹底し、万が一ミスが発生した場合でも即対応できるよう出荷記録を徹底しております。

お知らせ